« お見送り | トップページ | お花見日和ですが・・・ »

2010年4月17日 (土)

答えはこれ

001

 今朝の出来事。

 「ヤナーチェク、ヤナーチェク・・・」

 いつの時代の人なのか、どこの国の人なのか、どんな

 曲があるのかさえ全く知らない作曲家の名前を無意識

 に呟いているののに気付いた。

 無意識の情報を顕在意識でキャッチする時って、何か

 のメッセージといつもそう受け止めているから、どうし

 て「ヤナーチェク」という言葉が口から出てきたのか気

 になった。

 彼の曲でも聴けということなの・・・?

 

 でもすぐにその答えが返ってきた。

 

 昼食後に出かけた書店で、未だに読んだ事のなかった

 村上春樹さんの「1Q84」が何となく気になり、手に取っ

 てページをめくったその時だった。

 Book1/第1章の冒頭に、

 ~タクシーのラジオは、Fm放送のクラシックを流していた。

 曲はヤナーチェックの「シンフォニエッタ」 ~ 

 の文字が綴られていた。

 

 朝の呟きの答え・・・、

 どうやらメッセージはこの本の中にあるみたいだ。

 発売されたばかりのBook3が、

 「これはあなたが、買うことになっている!」

 と言わんばかりに運よく1冊残っていて、迷わず3冊まと

 めて購入してきた。

 

|

« お見送り | トップページ | お花見日和ですが・・・ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お見送り | トップページ | お花見日和ですが・・・ »