« 読み聞かせ | トップページ | Mon murmurer »

2007年6月22日 (金)

別れの時に思うこと

先週のNHKTVの仏語会話で仏映画を監督した諏訪敦彦氏

にインタビューをしていました。

「不完全なふたり」(原題:Un Couple Parrait)

サブタイトル:~別れを決めるとき、人は愛することを知る~

ストーリーは、15年間の結婚生活に終止符を打とうと離婚を

決意した夫婦、ニコラとマリーが友人の結婚式の為にやって

来たパリでの数日間を描いたもの。

この作品には用意されたセリフがなく、夫婦役の2人の俳優

アドリブによるものでそれが倦怠期の夫婦像がより自然体に

映し出されている作品のようです。

う~ん、なんだかサブタイトルに頷けるものが・・・・・・。

私達夫婦も、25日で結婚12年目を迎えます。

まさに倦怠期にさしかかった夫婦?

でも、最近お互いが妙に優しくなって、なんて言うのかしら・・・

存在を大きく感じているのです。

それはどうしてでしょうか?

実は・・・・・・・私達も別れて暮らす事を選択したからです。

と言っても、離婚するわけではありません。

主人に転勤の辞令が出て単身赴任する事になったからです。

(ちょっとオーバーでしたね!)

もともと転勤族で国内外を転々としてきましたから驚きはしま

せんでしたが、これからのの別居生活にやはり不安も・・・。

毎日顔をあわせる事がなくなるなんて想像すると悲しいものな

のですね。

きっと、神様がお互いを思いやる時間を与ええ下さったのでし

ょう。

今日は、荷造り準備で主人も休暇を取っています。

これから一緒にランチに出かけてきます。

それでは、今日もたくさんの幸せが訪れますように・・・・

     ~~ Bonne Chance ! ~~

 

|

« 読み聞かせ | トップページ | Mon murmurer »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読み聞かせ | トップページ | Mon murmurer »